FXチャート・レートってなに?

FXチャート・レートとは

FXチャート・レートとはFX投資における相場の値段のことです。FX投資ではFXチャート・レートを見て取引を行ないます。FXチャート・レートが上がりそうならば買いを、下がりそうならば売りでエントリーします。
FXチャート・レートには色々な通貨ペアが選べます。最もポピュラーなものにはアメリカのドルと日本の円の通貨ペアのドル円があります。また、ユーロと円の通貨ペアのユーロ円、ユーロとドルの通貨ペアのユーロドルもよくトレードされるものとなっています。
例えば、ドル円が1ドル100円から110円になると円がドルに対して安くなる円安に、90円になると円がドルに対して高くなる円高になります。ドル円が円高の時に買っておいて円安になってから売ることで利益が出るのです。

FXチャート・レートの見方について

FXチャート・レートを見るのに適しているのがローソク足です。ローソク足は視覚的に見やすくFXチャート・レートが上がっているか下がっているか一瞬で見て分かります。
このFXチャート・レートが高値を切り上げている時には、その相場は上昇相場にあるといえます。逆に安値を切り下げているならば、その相場が下降相場にあるといえます。FXチャート・レートが高値を切り上げもせず、また安値を切り下げもしていない場合には、その相場はレンジ相場にあるといえます。
上昇相場にある時には買いでエントリーする場所を探します。下降相場にある時には反対に売りでエントリーする場所を探します。レンジ相場ではレンジの上限では売りをレンジの下限ならば買いでエントリーする場所を探します。