ここを見ろ!FXチャート・レート

直近のサポートラインとレジスタンスラインで判断する

FXにはライントレードという手法があります。チャート上に水平線を引き、反発を期待して逆張りをするスタイルです。レンジトレードとも呼ばれています。
ライントレードでの水平線の引き方には、明確なルールはありませが、植菌の高値、安値は非常に重要なポイントになります。直近の高値、安値に水平線を引く事によって精度の高い逆張りが可能になります。トレーダーの中には、トレンドフォローは一切手を出さずにライントレードを専門にしている人も存在します。
サポートラインとレジスタンスラインを使ったトレードでは、水平線の強度を見極めるとより精度の高いトレードができる様になります。強度は反発している回数や反発後の値動きで判断する事ができます。

ダブルゼロはトレードチャンス

FXではレートを使ったトレードも有名な手法として存在します。主にダブルゼロと呼ばれるレートでのエントリーやエグジットを取り入れた手法です。ダブルゼロというのは、レートの下2桁がゼロになっている状態の事で世界中のトレーダーが意識するため、注文が集まり易い価格帯になります。
一般的に、ダブルゼロに向けて上昇している時は、ダブルゼロ地点では抵抗としての役割が予想されるので、利食いのポイント、若しくはショートポジションのエントリーポイントとして利用されます。下降している時は逆の考え方になります。
ダブルゼロより強力なのが、下3桁がゼロになるトリプルゼロです。抵抗帯としての精度が高くなるので、より一層警戒する必要があります。